トップ > Zabbixトレーニング > Zabbix 認定スペシャリスト

Zabbix 認定スペシャリスト

Zabbix の主要機能、インストール、設定、メンテナンス方法を習得することができる3日間の研修トレーニングです。

ご購入後、トレーニング受講クーポンを発送いたします。
受講クーポンを受領後、ご希望の開催日時を選択いただきご受講いただけます。
 


<形式> 少人数制。1人1台の実機を利用し、演習形式で実施。

<期間> 3日間

<コースの受講要件>
- オペレーティングシステムの基礎的な知識
- Linuxの基本的なコマンド操作(シェル操作、エディタ操作)
- Zabbix認定ユーザーコース修了相当の知識

<コースプログラム>
1日目
- Zabbix の動作環境
- インストール環境の準備
- Zabbixサーバー、Webインターフェース、エージェント2のインストール
- ホストとホストグループの設定
- アイテムの設定(基本設定、ヒストリとトレンド、アプリケーション、基本的な保存前処理、監視間隔のカスタマイズ)
- Zabbix エージェントのアクティブチェック
- ホストインベントリの自動登録
- トリガーの設定とイベント(基本設定、条件式、正常イベント、手動クローズ、タグの基本、依存関係)

2日目
- テンプレートの利用
- ユーザー定義マクロ
- XML インポート/エクスポート
- ローレベルディスカバリの概要
- シンプルチェック(Ping, ポート監視)
- Zabbix アグリゲート
- 計算アイテム
- SNMP 監視
- SNMP トラップ監視
- ログファイルの監視(ログデータの収集、障害検知、正規表現)
- Web 監視の設定
- HTTP エージェントによるアプリケーション監視
- 依存アイテムと保存前処理

3日目
- SSH/Telnet を利用したエージェントレス監視
- カスタム監視(ユーザーパラメーターと外部チェック)
- コマンドラインユーティリティと Zabbixトラッパー
- 障害通知とエスカレーション(メディアタイプ、アクション)
- リモートコマンド
- 障害通知のスクリプト実行
- 内部イベント
- ユーザーとユーザーグループ(基本設定、権限、タグ、認証設定)
- 監視対象のメンテナンス(基本設定、エスカレーションとメンテナンス、タグ)
- Zabbix サーバーの運用(パフォーマンス監視、プロセスとキャッシュ、キュー)
- Zabbix サーバーのバックアップ
- 認定試験



<コース修了証明書> Zabbix 認定スペシャリストコース修了証明書
※全日程の参加が必須となります。

<認定書> Zabbix 認定スペシャリスト証明書 (Zabbix Certified Specialist)
※トレーニングコース最終日に試験を実施し合格点を満たした場合に限り、認定書を後日郵送いたします。

<開催スケジュール>
Zabbix 社のトレーニングページをご覧ください。
価格 : 165,000円(税込)
数量
 

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ